筋トレの最適な頻度は?毎日できる方法も

毎日筋トレ!

いざ筋トレを始めようとしたとき、少し悩むのがトレーニングの頻度ではないでしょうか?

なんか、高校の体育の授業で習いませんでした?

「超回復」

運動したあとは、しっかりと筋肉を休ませると筋肉が大きくなるよ!という現象ですね。

この現象のことを考慮すると、毎日筋トレするのってよくないよな〜って考えになります。

でもネット上で調べてみると、

「いや、トレーニング内容によっては毎日やるべき!」

とか、

「毎日やってます!」

なんてサイトもあるんですよね。中には超回復を疑ってかかるようなサイトもありました。

そもそも超回復とは?

まず超回復について、今一度確認していきましょう。

超回復とは、筋力トレーニング後に24~48時間くらいの休息をとることによって起こる現象で、休息の間に筋肉の総量 がトレーニング前よりも増加することをいいます。

出典:超回復と休息:CramerJapan

筋肉というのは、破壊と修復を繰り返すことで成長します。まずトレーニングで筋繊維を破壊、その後徐々に回復するのですが、ある時期トレーニング前よりも筋肉が増大するのです。

超回復のグラフ

超回復のピーク時に次のトレーニングを行うことでさらに筋力アップ!

上のグラフでは、トレーニングの1日後は筋肉がダメージを負っているのでここで次の筋トレをすると、逆に筋肉のダメージが増えてしまうことになりますね。また、あまり休ませすぎると元の状態に戻るので、これも思ったような結果が得られにくいということです。

これが、超回復の簡単な解説です。

筋トレを毎日やるメリット

上の解説を踏まえると、やはり毎日筋トレをするのはあまり効果が無いような気がします。

では、毎日筋トレをするメリットは無いのでしょうか?

代謝が上がる

トレーニングを行って筋繊維が破壊されると修復作業が入ると解説しました。このとき、修復するのにも多くのエネルギーを使います。結果、代謝が向上するのです。

代謝が上がれば脂肪を減らしやすくなります。細マッチョになるためには体脂肪率も落とす必要があるので、代謝を上げるのは重要ですよね。

時間を有効活用できる

現代人はとても忙しい!隙間時間を利用して筋トレを行っている方も多いのでは無いでしょうか?

そんな場合、毎日少しづつでも筋トレをしたほうが空き時間を有効に活用できます。

分割法

毎日筋トレをしても効果がある方法、実はあるんです。

それが「分割法」。

超回復がある限り、筋肉は休ませないといけません。でも、体の筋肉って何も1つじゃ無いですよね。

1日目にトレーニングを行った部位は次の日休ませ、その日には違う部位をトレーニングする。こうすることで、毎日筋トレを行いながらもしっかりと超回復させて筋肉量をアップさせることができるわけです。

例えば、上半身と下半身に分けて1日ごとにトレーニングする、といった感じになります。

ただ、無理は禁物。

筋肉痛が痛すぎて、休ませるはずの筋肉が悲鳴をあげては意味がありません。また、トレーニングの質が落ちてもダメです。

あくまで分割法は毎日筋トレをするための1つの方法にすぎません。必ずやらなければいけないというわけでは無いので、ゆっくり1日おきに正確に筋トレをすることが一番無難な方法のようですね。